職員講習会より」カテゴリーアーカイブ

春の学習会

3月31日(土)4月1日(日)の2日間、音楽教育の会主催の春の学習会に職員が参加しました。
31日は、沖縄から来ていただいた2名の方に本場のエイサーを教えてもらいました。
1日は、伊香保体育館でリズムとこどもの歌のテープ検討、歌と盛り沢山の研修を行いました。
新年度が始まる前、群馬県内のたくさんの保育士たちと学び合い、充実した2日間を送りました。


アーサー・ビナードさんの学習会

今年で3回目になるアーサー・ビナードさんのお話。第2はとからも15名が参加してアーサーさんの「言葉」に耳を傾けました。
新聞やニュースからは伝わってこない歴史の事実を学び、改めて平和の大切さを考えさせられました。
毎年たくさんの学びがあるアーサー・ビナードさんの学習会です。

第49回 全国保育団体合同研究集会(合研)

8月5日(土)~7日(月)に行われた埼玉合研にについて、参加した勝山さんに感想を伺いました。

全国保育団体合同研究集会要綱(合研)に参加して
                         第二はと保育園 運営委員長  勝山

 私は、8月5日から7日まで埼玉県の各所で行われた合研のうち、5日に聖学院大学で行われた平松知子先生の基礎講座に参加しました。
 私は、子どもを保育園に預けるようになって約7年経ちますが、今回初めて合研に参加しました。
平松先生の講座では、保育士さんの子供の保育に対する真剣な思いや厳しい労働環境などについての話を聞いて、主に自分の子供送り迎えでしか保育園の子供に接する機会がない私にとっては、保育士さんの現状に驚いたとともに、保育士さんが保護者の協力を必要としていることが分かりました。
 私は、保育園の行事に参加した際、パワフルな子供たちをまとめる先生を見て、保育士さんは大変だなあとは思っても、私自身は子どもを「預けている」という感覚でしたので、それ以上の思いはなかなか持てませんでした。
 しかし、今回の講座を聞いて、保育園は、保育士さんと保護者が「支え合う」ことで成り立っていくのだということを強く感じました。
今後は、保育士さんの支えになれることを考えながら、保育士さんや子供たちに接していけるようになれればいいなと思っています。

救急蘇生法

6月10日(土)に北消防署の隊員さんに来てもらって、救急蘇生法を学びました。
人形を使いながら胸骨圧迫やAEDの訓練しました。
初めて参加した父母も多く、真剣に話を聞いていました。 ②①

11.3大集会

日比谷野外音楽堂で行われた【11.3大集会】に、職員みんなで参加してきましました。『待機児解消へ保育所増やそう!』や『処遇改善で保育士増やそう!』などよりよい保育の為に、アピールしながら銀座の街を歩いてきました✨ IMG_7025

救急蘇生法

7月2日(土)に北消防署の隊員さんに来てもらって、救急蘇生法を学びました。人形を使って胸骨圧迫・人工呼吸をし、AEDも使いながら訓練しました。そして、1人1人に胸骨圧迫のキットが貸し出され、2分間心臓マッサージをし続けその大変さも体験しました。
初めて参加した父母も多く、真剣に話を聞いていました。 ②① ③

獅子躍

今年も岩手県奥州市から金津流野手崎獅子躍の皆さん12名が踊りを見せてくれました。
14日の鑑賞会はあいにくの雨でしたが、全県から大勢のこどもたちが会場になった県民健康大の体育館に集まり、迫力ある踊りを間近で見せてもらいました。
14日夜と15日午前中は講習会が行われ、太鼓組は第2はとのホールが会場になり、熱心に稽古をつけていただきました。

獅子躍の皆さん ありがとうございました。

1 1 2

戸神山

10月31日(土) 理事長の石橋先生と職員4人で沼田市の戸神山に登りました。 沼田へ向かいながら、山を歩きながら、山頂で地形を見ながら、群馬の地形の成り立ちを学びました。 帰りには地元の方から芋煮会の芋をごちそうになる一場面もあり、充実した山登りでした。1 2 3

救急蘇生法

6月13日(土)に北消防署の隊員さんに来てもらって、救急蘇生法を行いました。 二人一組で人形を使いながら、胸骨圧迫・人口呼吸をして、AEDを使って訓練しました。 倒れている人を見かけたら、勇気をもって助けることを学びました。456