行事」カテゴリーアーカイブ

避難訓練

12月9日は避難訓練を行いました。消防署の皆さんの指導の元、避難時の注意点や消化方法など教えてもらいました。

消防車も二台来てくれて、こどもたちはとても喜んでいました。
あかちゃんたちも消防車と記念写真。びっくりして泣いちゃう子もいました。

赤城山の地蔵岳

10月13日 赤城山の地蔵岳に登ってきました。
いくつも続く木製の階段や子どもの腰丈くらいの岩を前にしても、全くへこたれず頼もしい表情で登っていくきりん組さんがとても大きく見えました。

韓国・朝鮮の踊り

こどもたちの目の前で本物の踊りと演奏をしていただき、とても豊かな時間が過ごせました。

・    ペク先生の踊りへの情熱が伝わってきました。
・    コおねえさんのチャンゴの舞は圧巻でした。

・    ハさんとユンさんのソヘグムの演奏にもみんなうっとり。

その後から保育園ではあちこちのクラスからチャンゴの音がするようになり、みんなで踊って楽しんでいます。

夏まつり

【 夏まつりに参加したくま組のクラス委員さんに感想を伺いました 】

第二はとの夏まつりは、子どもたちが生活の中でつくりあげていくもの。

それは決して見た目で “ばえる” ものではありません。でも、だからこそ子どもたちが第二はと生活の中で何を見聞きし、何を感じ、何を培っているのかが、そのまま伝わってくるのです。
例年であれば、保護者も共に唄い、踊り、お囃子を奏で、一緒につくってきました。それが叶わなくなって三度目の夏。不安定な毎日が続く中で開催された夏祭り。環境は変われど『子どもたちにはできる限り良い経験を』という職員の思いが詰まった特別な夏まつり。その思いは、子どもたちの表情を見てすぐに伝わってきました。
3年振りに灯った提灯。その下で響く子どもたちの太鼓と「ラッセーラ」の掛け声。どの子も本当に堂々と舞台に立っていました。
エイサーや沖縄の踊りを踊る時も、自分たちで作った法被やはちまきを身に着け、張り切っています。張り切りすぎて、列がどんどん前進!それが可愛い!
今年は、保護者も子どもたちの太鼓で踊ることができました。子どもたちもとびきり張り切って太鼓を叩いてくれました。
最後は花火。空を見上げる子どもたちの眼差しは花火にも負けないくらいキラキラしていました。
どの瞬間もエネルギーに満ちていて、光り輝いていました。それは、夏の終わりに本当に“絵に映える” 光景でした。
どんな環境であっても、大人が思いを持って動けば、子どもはそれを全身で受け止めて光り輝くんですね。
少人数、短時間、でも眩しいくらいキラキラした時間。ギリギリまで協議を重ねながら尽くしてくださった、担任はじめ、職員の皆様、心からありがとう!!

くま組 船津

くま組 海のお泊り

7月に2泊3日で新潟県石地海岸に行ってきました。                     海がとってもキレイで子どもたちも大喜び!

磯遊び!
大きなカニに夢中でした。

寺泊漁港で魚釣り!
マメアジ カタクチイワシがいっぱい釣れたよ!
唐揚げにしてもらってみんなで食べました!

浜焼き
エビにホタテに
とっても美味しく食べました。

付き添いのお父さんがいっぱい遊んでくれました。

お父さんの演出でみんなでブリを捕まえました!
民宿のおじさんにお刺身にしてもらって食べました。

海の生き物にいっぱい出会えて楽しい経験を沢山してきました。

 

きりんぐみの七夕製作

七夕飾り(短冊)製作をしました。
今回、初めての折り染めや初めてハサミで折り紙を細かく切ることなどに取り組み、一人一人真剣にワクワクしながら楽しむことが出来ました。
絵を描きお願い事を考え書いたものを廊下に飾ると、また嬉しさが倍増し通るたびに指差し喜んでいます。

七夕制作

あひる組は、手型とシール貼りをして七夕製作をしました。

星形のシールばかりを選んで貼る子、小さいシールをたくさん貼る子などなど1才児でも一人一人の個性が出た良い作品が出来ました!!

出来上がった作品はお父さんお母さんたちに願い事を短冊に書いてもらい笹に飾りつけました⭐

 

絵本販売

6月17日教育部主催の絵本販売がありました。

「親子で一緒に選べるからいいよね。あと、今好きな絵本を担任の保育士に聞けるからそれもいいよね。楽しかった」

楽しそうに絵本を選んでいるお母さんからこんな素敵な感想をもらいました。