投稿者「第二はと 保育園」のアーカイブ

韓国・朝鮮の踊り

こどもたちの目の前で本物の踊りと演奏をしていただき、とても豊かな時間が過ごせました。

・    ペク先生の踊りへの情熱が伝わってきました。
・    コおねえさんのチャンゴの舞は圧巻でした。

・    ハさんとユンさんのソヘグムの演奏にもみんなうっとり。

その後から保育園ではあちこちのクラスからチャンゴの音がするようになり、みんなで踊って楽しんでいます。

くま組の畑

今年はゴーヤにトマトにオクラ,いんげん,カボチャと本当にたくさんおいしい野菜がとれました。

とれた野菜は、お母さんたちにおいしく料理してもらい、子どもたちも「おかわり!おかわり!」と夢中で食べていました。
そんな畑も今日は最後のポップコーンを収穫して、みんなで根っことり。冬に向けてまた大根などおいしい野菜を植えるぞー。

 

夏まつり

【 夏まつりに参加したくま組のクラス委員さんに感想を伺いました 】

第二はとの夏まつりは、子どもたちが生活の中でつくりあげていくもの。

それは決して見た目で “ばえる” ものではありません。でも、だからこそ子どもたちが第二はと生活の中で何を見聞きし、何を感じ、何を培っているのかが、そのまま伝わってくるのです。
例年であれば、保護者も共に唄い、踊り、お囃子を奏で、一緒につくってきました。それが叶わなくなって三度目の夏。不安定な毎日が続く中で開催された夏祭り。環境は変われど『子どもたちにはできる限り良い経験を』という職員の思いが詰まった特別な夏まつり。その思いは、子どもたちの表情を見てすぐに伝わってきました。
3年振りに灯った提灯。その下で響く子どもたちの太鼓と「ラッセーラ」の掛け声。どの子も本当に堂々と舞台に立っていました。
エイサーや沖縄の踊りを踊る時も、自分たちで作った法被やはちまきを身に着け、張り切っています。張り切りすぎて、列がどんどん前進!それが可愛い!
今年は、保護者も子どもたちの太鼓で踊ることができました。子どもたちもとびきり張り切って太鼓を叩いてくれました。
最後は花火。空を見上げる子どもたちの眼差しは花火にも負けないくらいキラキラしていました。
どの瞬間もエネルギーに満ちていて、光り輝いていました。それは、夏の終わりに本当に“絵に映える” 光景でした。
どんな環境であっても、大人が思いを持って動けば、子どもはそれを全身で受け止めて光り輝くんですね。
少人数、短時間、でも眩しいくらいキラキラした時間。ギリギリまで協議を重ねながら尽くしてくださった、担任はじめ、職員の皆様、心からありがとう!!

くま組 船津

畑の野菜

春先に苗を植えてから、お散歩で畑を見に行き、野菜の成長をみんなで楽しみにしていました。
遂にあひる組の畑に沢山の野菜がなりました。あひる組のみんなが収穫をお手伝いしてくれます。たくさん働いたあとは採れたての野菜をいただきます!!野菜が苦手な子も畑でとれた野菜はパクパクと沢山食べます。新鮮な野菜はおいしいね。

ちいなかだより


ちいさいなかまの特集ページ 『生き物とのかかわり』を読んで・・・

保育園で毎日生活をしているといろんな生き物に触れる機会が多くなります。チョロリンてんとう虫、かえるなどは子どもたちも大好きで散歩に行ってはみんなで見つけ、捕まえて来ます。 子どもたちみんな興味はあるのですが、中には怖くて触れない子もいます。 でも、お友だちが捕まえてるのを見て自分も捕まえたいと頑張って捕まえられた時、 その子は本当に嬉しい気持ちになったり、出来なかったことが出来た!と自信にも繋がりとってもいい表情になります。また、ちいなかでも話が出たように身近の死に対して直面できる大事な経験も子どもたちは生き物を通してしています。

お迎えのお母さんは我が子のロッカーに袋に入ったカエルを発見して驚いたこともあるかもしれません。でも、子どもたちは生き物との出会いの中で様々な経験をしてるんだなぁ~と思い『キャー!!』と驚くのをグッと抑え一緒に生き物を大切にしていってほしいなと思いました。

 

くま組 海のお泊り

7月に2泊3日で新潟県石地海岸に行ってきました。                     海がとってもキレイで子どもたちも大喜び!

磯遊び!
大きなカニに夢中でした。

寺泊漁港で魚釣り!
マメアジ カタクチイワシがいっぱい釣れたよ!
唐揚げにしてもらってみんなで食べました!

浜焼き
エビにホタテに
とっても美味しく食べました。

付き添いのお父さんがいっぱい遊んでくれました。

お父さんの演出でみんなでブリを捕まえました!
民宿のおじさんにお刺身にしてもらって食べました。

海の生き物にいっぱい出会えて楽しい経験を沢山してきました。

 

保母学校

職員がお互いにピアノを弾きあって、リズムや歌を歌う保母学校。

今月は1歳児担任たちがリズムのピアノをひき、3歳児と年長さんたちが歌のピアノを弾きました。

和気藹々とした雰囲気の中、気持ちのいい動きをできるようにそれぞれが学び合いました。

年長児がモンゴルの歌を歌っているので、今回はリズムの中でタルバガンの動きをしました。
ピアノに合わせて猟師との掛け合いの動きを楽しみました。

仕事が終わってから夜みんなで集まっての学び合い。充実した時間を過ごせました。

きりんぐみの七夕製作

七夕飾り(短冊)製作をしました。
今回、初めての折り染めや初めてハサミで折り紙を細かく切ることなどに取り組み、一人一人真剣にワクワクしながら楽しむことが出来ました。
絵を描きお願い事を考え書いたものを廊下に飾ると、また嬉しさが倍増し通るたびに指差し喜んでいます。