ごちそさがし


早いもので、もう5月ですね。これから緑が豊かな季節となり、心が癒されます。
さて、先日、年長さんが散歩先でカナヘビをたくさん捕まえてきました。その日の夕方です。年長さんと一緒に滑り台の方の園庭角で、カナヘビのエサ取りをしました。そこは、じめじめしており、腐葉土をほじくり返せば、小さくて細いミミズや、ガの幼虫など、カナへビのエサがすぐに見つかります! 私と子どもたちは、エサが見つかるたびに「お~!カナへビのごちそうだ!!」と、興奮して叫びました。その日は、カナヘビのお腹がいっぱいになるくらい、ごちそうのミミズを捕まえることができました。そして、次の日の朝です。 くま組さんは、昨日の場所でごちそう探しです。今日も次々とミミズが見つかり「ごちそう見つけた!!」とはしゃいでいたら、くま組のRくんがKくんと目を見合わせて、私ににやにやしながら「ゆうだい!! ゆうだいが「ごちそう! ごちそう!」って言うから、俺たち、あの時 (昨日)お腹が減ってきたんだからね! !」と言ってきたのです。思わず笑ってしまいました!ミミズを探している間に、心がカナヘビになってしまったようです。
子どもの言うことは、 愛嬌があっておもしろいですね(^^)♪